INTERVIEW

佐藤 淳哉
ネット事業戦略担当

様々な職種経験の中で当事者意識を磨く

リクルートに新卒入社し、営業やシステム開発など、さまざまな職種を経験した佐藤淳哉。現在は住まいカンパニーにて賃貸領域の商品責任者として規模の大きな事業をマネジメントしている。いち担当者から責任者を任されるまでに至ったプロセスとその背景について訊いた。

佐藤 淳哉
ネット事業戦略担当

当事者意識を磨き、
様々な領域を経験する

私はSUUMOの賃貸領域の商品責任者として働いています。着任当初、企画職のメンバーは「より効果を上げるためにSUUMOをどう進化させたらいいのか」に迷っている状態でした。そこでまずは事業として伸ばしたい指標“KGI”の見直しから行いました。

クライアント様が何を求めていて、カスタマーはどんなプロダクトを望んでいて、競合はどんな指標を据えているのかを改めて整理。その上でSUUMOを進化させる方向、指標を決めました。それによってSUUMOサイトやアプリの改善の担当者が、迷わずに走れるようになりましたね。

指標を再検討する上で意識したのは原点に立ち返りクライアントニーズとカスタマーニーズ。クライアントニーズの把握や指標変更の影響想定は普段から接点の多い営業と摺合せでシミュレーションし、カスタマーニーズはアンケートなどの定量調査も行うことで、プロダクト価値の向上につながる形を追求しました。商品責任者として、自分がどうしたいかという当事者意識を強く持ち、それぞれのステークホルダーの立場に立って考えられたことが大きかったと思います。また変更の検討中も、プロダクトの進化を止めないよう、議論不要な施策(ページのコンバージョンレートを上げる等)については、指標変更と同時進行で進めていきました。

私の経歴としては、新卒でリクルートに入り、営業、システム開発、サービス企画、UI/UX改善、事業計画策定などを担当。ホットペッパービューティーの商品責任者を2年半勤めた後に、去年の春に住まいカンパニーに来ました。

その中で、仕事に対する当事者意識が磨かれたのは、企画職に就いてから。開発職の頃は、企画職が実現したい世界をシステム化することが仕事であって、自分がどうしたいかを考えることがなかったのですが、企画に異動してからは常に「お前はどうしたいの?」と聞かれるようになって。何をしたいか聞かれても、すぐには答えが出せませんでした。

自分がどんな価値を提供したいかが明確になった時のことは今でも心に残っています。当時ホットペッパービューティーを担当していて、「自分たちは何屋なのか?」と先輩と話していたときのことです。美容事業の担当者ですが、美容師免許を持っているわけではありません。でも、美容業界を生業としている。では、何屋なのかと考えてみると、美容業界の技術職の方々とカスタマーをマッチングさせるプロなんです。美容業界のクライアント・美容サービスを受けたいカスタマー双方を尊重し、理想のマッチングを実現する。直接の業界人じゃないからこそ、片方に寄りすぎることなく双方を理解してつなぐことができる。

ITの力を使い、新しいマッチング、新しい習慣を作り出すことが自分たちの何よりも大切な役割であると思えた時に、初めて“やりたいこと”が生まれました。起案した機能のリリース後、電車に乗っている女の子がその機能を使っているところをたまたま見かけました。本当に必要とされているものは何かを徹底的に考えて世の中に出せば、それまでの当たり前を変えることだってできる。自分の仕事の意味をはじめて実感した瞬間でした。それ以降も様々な領域で色々な経験をしながら、「マッチングのプロ」という意識を強く持ち、徹底的に考え抜いてアウトプットを繰り返し続けてきたことで現在の役割を任せてもらえているのだと思います。

改善と改悪は表裏一体。
本質的に求められていることを提供していく

ホットペッパービューティーやSUUMOは、いい意味でも悪い意味でも業界への影響が非常に大きいプロダクトです。私たちが判断を間違えると、業界を壊してしまう可能性さえあります。例えば、SUUMOでリリースした商品のために、クライアントの対応負荷が急激に高まり、本来やるべき接客ができなくなることだって考えられます。一定以上の規模のプロダクトでは改善と改悪は常に表裏一体であり、間違った方向に進んでいないか、常に意識して仕事を進めています。

適切な判断をするために、さまざまな検証を実施したり、クライアントの現場の運用や時間の使い方を把握するために訪問したりなど、情報を積み重ねていきます。課題が出たとしても、業界全体を考えてクライアントやカスタマーのメリットになることであれば、どうすればその課題を解決できるかを考えます。

大きな影響と責任が伴う分、日本中のカスタマーの生活やクライアントの経営を改善することができる。非常にやりがいのある仕事だと思っています。

責任者としての仕事を全うし、
業界全体を変える

クライアントが第一にSUUMOに求めているものは集客という価値です。このご期待にしっかりと応えたうえで、賃貸業界のIT化を進めていきたいと思っています。店舗では紙で印刷された物件情報が多かったり、申込書が手書きでFAXだったり。SUUMOだからこそできること、SUUMOだからこそご期待いただけることをどんどん増やしていきたいです。

私自身の夢としては、田舎でも都会でも、いつでも誰でも平等な医療を受けられる日本を作りたいと思っています。SUUMOの商品責任者という今の役割だけをみたら直接関係ないことのように見えますが、例えば、各地の不動産会社様と協働して、医療センター完備の街や、スマート家電で高齢者が安心して暮らせる街づくりなど、住まいに関わる会社にいるからこそ実現できることもたくさんあると思っています。

自分の視座が上がり、提供価値を広げることができれば、それだけ大きな価値のある仕事ができるようになります。今後も、商品責任者として目の前の仕事を全うしつつ、しっかりと自分を進化させ、より高みを目指していきたいと思っています。