ホーム>プレスリリース>『住宅購入・建築検討者』調査(2018年度)~一戸建て派が約7割と過去最高/新築と中古の並行検討者が増加/ ~買い替え需要が増加~

『住宅購入・建築検討者』調査(2018年度)~一戸建て派が約7割と過去最高/新築と中古の並行検討者が増加/ ~買い替え需要が増加~

2019年7月16日
株式会社リクルート住まいカンパニー

株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都港区 代表取締役社長:淺野 健)は、このたび「『住宅購入・建築検討者』調査」を行いました。この調査は、住宅の購入・建築を検討している人 を対象に、検討にあたって、検討する物件の種別、検討にあたって重視する条件などを把握することを目的とした調査です。2018年度の調査結果の一部を抜粋してご報告申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・調査トピックス・・・・・・・・・・・・・・・

●過去3カ月以内に住宅購入検討のための行動を行った人の割合は、全体の9.1%と過去最高(→P4
●購入検討状況は「新規購入」が61.2%。次いで「買い替え」が29.3%。
「買い替え」が前年より6ポイント増加(→P5)
●複数種別の平行検討が増えており、特に「中古マンション」と「新築分譲マンション」の並行検討率が高い(→P6,8)
●一戸建て派は69.3%と調査開始以来最高。マンション派は、21.4%で2014年以来減少が続き、過去最低に(→P9)
●一戸建てメイン検討者は「駅からの距離」よりも「耐震性能」「エコ性能(断熱性・気密性)」を重視する。マンションメイン検討者は、すべての比較項目において一戸建てメイン検討者より「駅からの距離」の優先度が高い (→P11)
●男性は女性に比べて「駅からの距離」を優先する傾向が強い。中でも「耐震性能」を優先する割合は女性が男性より17ポイントも高い(→P13)
●DIYの認知度は98.4%で4年連続で上昇し過去最高値に。関心度も60%超をキープしている(→P15)
●住宅ローン控除の内容認知率は64.3%(→P16)
●長期優良住宅の内容認知率は53.4%。安心R住宅は32.9%、インスペクション(建物状況調査)は34.7%。リバースモーゲージは41.8%(→P20 )

※過去3カ月以内に住宅購入検討のための行動を行った人が対象のため一般より数値が高め

本件の詳細はこちらよりご覧ください。

http://www.recruit-sumai.co.jp/press/upload/jyutakukentosya2018.pdf

取材・掲載依頼に関するお問い合わせ

お問い合わせ 新しいウィンドウで開く

お急ぎの方は下記までお問い合わせください

企画統括室 統括部 カンパニー・コミュニケーション グループ
Get Adobe Acrobat Reader

pdf書類をご覧になる場合は、Adobe Acrobat Reader 新しいウィンドウで開くが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。