ホーム>Sumai for Smile>「職近・親近」 安心距離の家×合理的発想で子どもを守り育てる

SUUMOが注目する 住まいの兆し

2012
TREND!

安心距離の家×合理的発想で子どもを守り育てる 職近・親近

東日本大震災発生時の「帰宅難民」体験から、首都圏の若い共働きファミリーの住宅の選び方に
変化が見受けられました。万一の場合に勤務先から徒歩でも帰宅できる距離の重要性と、
いつでもすぐに子どもの安全を確保・確認できる距離と経済的合理性の両方を実現できる住まいの形が注目されています。

「職近・親近」とは?

社会背景として「共働き夫婦の増加」と「収入の伸び悩み」という状況に、東日本大震災時の「帰宅難民」体験が加わったことで、首都圏の特に若い共働きファミリー層の住宅選びに2つの兆しが見られるようになりました。1つ目は、職場と家の距離を優先する「職近」。この場合は主に「都心×コンパクトマンション派」が多く見られるようです。2つ目は、生活コストを抑えながら、子どもを安心して守り育てるために通勤圏内に両親と同居する「親近」。こちらは「通勤圏内×二世帯住宅派」が主流となります。この2つの兆しを合わせて『職近・親近』と言います。

TYPE1 都心×コンパクトマンション派

1 消費者の考え「都心×コンパクトマンション派」

  • 職場への通勤時間を最優先したい
  • 専有面積がコンパクトになるのはやむを得ない (50㎡~60㎡台中心)
  • 将来売ったり貸したりしやすい物件を選びたい
  • 外部の施設や設備を賢く利用して暮らしを満喫したい

2 東京23区でファミリーの3人に1人が50~60㎡台のマンションを選択

東京23区のファミリーが選んだコンパクトマンションの割合

50~60㎡未満のマンションを選択した割合27%, 60~70㎡未満のマンションを選択した割合6% 合わせて約33% (2011.04-06)

第一子入学前のファミリーの約3割がコンパクトマンションを選択しており、平均専有面積も75㎡を割り込む状況が見られます。都心の職場までの通勤時間が夫婦どちらかが30分以内で、なおかつ、災害発生時には徒歩1時間程度で帰宅が可能な5km圏内の立地が求められています。
データ:『新築マンション契約者動向調査』(リクルート調べ 2008〜2011年)

3 供給側の動き部屋はコンパクトでも快適に暮らせる設備・サービスを提供

最近では大規模物件(100戸以上)だけでなく、小・中規模の都心マンションでも、共用施設や共用サービスの提供が充実している物件が現れてきています。これは、マンションを供給する不動産会社が消費者のライフスタイルやニーズを反映したマンションづくりに取り組んでいることが背景にあります。

1. トランクルーム

季節の衣類や家電、レジャー用品などを、室外のスペースに収納することで、居住空間を最大限に活用できます。

2. カーシェアリング

都心では車を所有しない世帯が増えており、共用サービスとしてカーシェアサービスを導入するマンションが増えています。

3. ゲストルーム

親や友人が来訪するときには、マンションの共用施設であるゲストルームに宿泊してもらうことができます。

TYPE2 通勤圏内×二世帯住宅派

1 消費者の考え「通勤圏内×二世帯住宅派」

  • 通勤圏内の実家を二世帯に建て替えたい
  • 通勤するには遠距離の実家を売却して、通勤圏内で新築二世帯住宅を建てたい
  • 親世代も子世代もコスト負担を抑えたい
  • 育児協力や生活費削減だけでなく、共働きを継続して世帯収入を高くキープしたい

2 リフォーム実施者の20.4%が二世帯リフォーム

二世帯リフォーム実施状況 「二世帯以上」のリフォームである:20.4% 「二世帯以上」のリフォームではない:79.6% データ:「リフォーム実施調査」リクルート住まいカンパニー(2013年)

二世帯リフォーム実施の理由では、「育児を協力し合える」「同居することで子どもの面倒を見てもらえる」などの育児関係が親世帯32.6%、子世帯31.9%を占めています。

3 注文住宅検討者の23.4%が親との同居を検討

親と同居を検討する世帯の割合(全国) 二世帯以上:23.4% 一世帯:76.2% その他:0.3% データ:「注文住宅動向・トレンド調査」リクルート住まいカンパニー(2014年)

親と同居する理由として、「同居することで子どもの面倒を見てもらえる」「育児を協力し合える」などの育児関係が33.9%を占めています。

4 供給側の動き親に育児協力をしてもらいやすい間取りの工夫

二世帯住宅を供給するハウスメーカーでは、親世帯に孫の育児協力をしてもらいやすくするために、親世帯と孫との共有空間を設けたり、動線に配慮するなど、間取りづくりにさまざまな工夫を採り入れています。

1. 孫の部屋への直接動線

階ごとに世帯を分けた間取りでも、親世帯が子世帯のリビングを通らずに孫の部屋に行き来できるような動線設計。

2. 家族図書館

孫の学習スペースとしても使える家族の共用本棚を設置することで、孫と親世帯のコミュニケーションのきっかけづくりを。

3. 孫スペースの設置

親世帯の一角に孫が遊んだり勉強できるスペースや孫専用のロッカーを設置することで、親世帯の育児協力の促進へ。