INTERVIEW

岩森 雅也
サービス開発ディレクター

住まいカンパニーだからできるやり方で、不動産業界の大きな白地を埋める

IT化が進んでいるとはいえない不動産業界において、新規事業として仲介会社や管理会社向けのソリューションサービスの企画・開発を行う、クライアントソリューション事業部。サービス開発ディレクターの岩森雅也に、解決したい不動産業界の「不」や、なぜいまリクルートがやるべきなのかを訊いた。

岩森 雅也
サービス開発ディレクター

テクノロジーをフル活用し不動産業界の「不」を解消する

私は、新規事業として、SUUMO賃貸のクライアントである不動産会社向けの業務支援サービスの企画・開発を行っています。会社として、これまでは住まいを探しているカスタマーの家探しを便利にすることに徹し、クライアントである不動産会社に対してはカスタマーからの反響を増やす部分でしか力になれていませんでした。今後は、クライアントの業務そのものの支援にまで踏み込み、業界に残る「不」を解消していきたいと考え、組織が新設されました。

リクルートグループとして関わっている飲食や美容などの他の業界と比べると、不動産業界はテクノロジーの導入が進んでおらず、多くの課題があると思っています。テクノロジーの導入が進まなかった要因として、部屋を借りたり、家を買ったりする機会が圧倒的に少ないことが挙げられます。機会が少ないがゆえに、カスタマーから利便性を求める声が上がりにくかったのではないでしょうか。

また、クライアントサイドを見れば、空室物件が数件しかないような管理会社も多く、システム化の必要がなかったという側面もあると思います。

しかし今、不動産業界もIT化を進めるべき理由があります。例えば、多くの物件情報が未だにオフラインの世界でやり取りされていますが、仮にすべての情報がオンラインで共有されれば、仲介会社、管理会社、私たちと関わる会社同士での情報の偏りがなくなり、確認の手間などが省け、業務効率はもっと上がると思います。

今後は、不動産業界の大きな白地に対して、住まいカンパニーがもっているテクノロジーをフル活用し、カスタマーとクライアントそれぞれに価値を提供し、「不」をなくしていきたいと考えています。

「リクルートだからこそ」業界構造をひっくり返す可能性

不動産業界に可能性を感じる一方で、昔ながらの商習慣を変えることに難しさもあります。業界の性質として、大手から地域密着型の小さな会社まで、いろいろな会社が存在するため、1つの会社を変えるくらいでは業界全体に与える影響は微々たるものです。また、扱っている商品の特性上、一度の取引金額が大きいこともあり、そもそもクライアントの目が業務効率化に目が向いていない場合もあります。それらの会社も含めて多くの会社を一気に巻き込まなければならないのが、この業界の難しさ。この領域でいくつかのベンチャー企業が生まれながらもゲームチェンジが起きてないのは、そういった背景があると思います。

実際、この会社に来て業界を変える難しさを実感しました。が、一方で「SUUMOがやるなら協力します」と、期待を持たれていることは喜ばしいですね。

協力していただける理由としては、住まいカンパニーの営業担当者の関わりが大きくあると思います。規模の大小に関わらず、不動産会社それぞれに営業担当者がつき、しっかりとコミュニケーションをとっています。WEBサイト上で反響を増やすために何ができるか、営業担当者がクライアントと同じ目線で考え、実際に反響実績を作れていることが、クライアントからの信頼に繋がっているのではないでしょうか。

入社当時は、「業界を本当に変えられるのか?」という疑問もありましたが、実際にクライアントの声を聞くうちに「住まいカンパニーだからこそ変えられる」という感覚を持てるようになりました。1社1社のクライアントに向き合い、課題の解決に尽力してきたからこそ、業界全体が求めているものが理解できていて、かつ、業界への影響力を持つことができた。そんな住まいカンパニーだからこそ、業界構造をひっくり返すような新たなサービスを生み出せると考えていますね。

成熟した業界からは感じられないやりがい

ゼロからイチを生み出すために、あるべき状態を描くことはとても大切にしています。クライアントにヒアリングしていると、課題はいくらでも出てきます。ただ、本当に困っていること、本質的に解決しなければならないことは、別のところにあることもよくあって。言われたことを解決するのではなく、本当はどうあるべきかを考えて提案する。そういった意識でサービス開発に臨んでいます。

どういうものを作ればクライアントにとって理想の業務フローを作れるのか。誰が何のために使うかを徹底的に考えながら、例えばボタン1つとっても「なぜ必要か」を考え続けていきたいですね。

また、一度決めたことでも、状況が変わったら変えればいいので、過去の意思決定に縛られないことも意識していますね。

業界全体のルールが変わるような仕事に関わる機会は滅多にないことなので、純粋にやりがいがあるなと思います。いろいろと変えていく上で失敗もあると思いますが、それも良い経験になります。すでにIT化が進んでしまった業界からは得られない経験なので、どんどん挑戦していきたいですね。