ホーム>プレスリリース>2018年のトレンド予測を発表 住まい領域のキーワードは「育住近接」

2018年のトレンド予測を発表 住まい領域のキーワードは「育住近接」

2017年12月12日
株式会社リクルート住まいカンパニー

株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)は、美容、アルバイト・パート、人材派遣、社会人学習、人材マネジメント、飲食、婚活、住まいの8領域における2018年のトレンド予測とトレンドを表すキーワードを発表いたしました。



●住まい領域のトレンドキーワード
「育住近接」
~保育園や学童保育などをマンションや団地内に設置する住居が増加!~

【概要】
共働き世帯は増加の一途をたどり、「職住近接」といわれる都心志向、駅近志向が高まっている。一方で利便性の高い人気エリアでは、保育園不足や周囲の住民との繋がり不足から生じる育児中の親の精神的・時間的負担が課題となっている。そのようななか、保育園や学童保育施設などをマンションや団地内に設置する「育住近接」というトレンドが生まれている。今後の住まい選びは、「職住近接」から「育住近接」に変化していくかもしれない。

【背景】

①子育て世代のニーズ変化:保育園不足に伴い、保育園・学童が併設されているマンションなら駅から離れても妥協できると答えた人は約35%。

②国のバックアップ:今年10月には国土交通省が保育園不足が見込まれるエリアへの大規模マンション建設の際は、開発事業者に保育施設設置を要請するよう、地方公共団体宛に通知。



■「Sumai for Smile」内特設ページ
http://www.recruit-sumai.co.jp/sumai/2018_ikujyukinsetsu.html

■リクルートグループ各領域のトレンドキーワード他、プレスリリース詳細はこちらをご覧ください。
http://www.recruit.jp/news_data/release/2017/1212_17778.html#18

本件の詳細はこちらよりご覧ください。

trend_2018_ikujyukinsetsu.pdf (2332.9KB) pdf

取材・掲載依頼に関するお問い合わせ

お問い合わせ 新しいウィンドウで開く

お急ぎの方は下記までお問い合わせください

企画統括室 統括部 カンパニー・コミュニケーション グループ
Get Adobe Acrobat Reader

pdf書類をご覧になる場合は、Adobe Acrobat Reader 新しいウィンドウで開くが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。