ホーム>プレスリリース>2015年 注文住宅動向・トレンド調査

2015年 注文住宅動向・トレンド調査

2015年12月 8日
株式会社リクルート住まいカンパニー

全国の注文住宅建築者のうち、建築費用における3,000万円以上の割合は41.0%と前年より上昇。

平均建築費は2,943万円と、対前年で138万円上昇している。 

 

株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都中央区 代表取締役社長:野口孝広)は、注文住宅の建築者・検討者を対象に調査を実施しました。2015年の調査結果の一部を抜粋してご報告申し上げます。

※ページ数表記は、下記PDF版プレスリリースのページと対応しています。

【家づくり全体の動向トレンドについて】

● 建築者(全国)の建築費用は平均2,943万円。対前年で138円上昇。(P4)

● 頭金は平均967万円、親からの贈与額は同320万円、※平均額は0円を含んだ額 (P5)

● 検討者(全国・新規建築)の家づくりを考えたきっかけは、「子どもが成長した」(24.8%)が最多。前年比で5.7ポイント上昇。(P7)

スマートハウス・ZEH(ゼロエネルギーハウス)について

● 検討者(全国)におけるスマートハウスの認知率は87.3%。前年と同水準。   ZEHの認知率は56.8%。前年比で7.6ポイント上昇。(P10)

● 建築者(全国)における導入検討のきっかけは、スマートハウス・ZEHともに「CM、新聞、雑誌などでスマートハウスに興味をもっていたから」が1位で、スマートハウスは、前年比で10.6ポイント上昇。ZEHは、前年比で23.9ポイント上昇。(P11)

● スマートハウスに住んでみての満足度は91.4%、ZEHの満足度は89.7%。(P12)

● 検討者(全国)における2020年の省エネ基準適合住宅の義務化への名称認知率は67.0%、内容認知率は27.4%。(P13)


【DIYによる家づくりについて】

● 検討者(全国)の58.2%がDIYによる家づくり関与を意向

● DIYしたい内容は1位「庭をつくる(花や木を植える・花壇づくりなど)」(52.2%)、2位「壁に漆喰(しっくい)や珪藻土を塗る」(33.6%) 。
DIYしたい理由は「自分らしい空間をつくりたいから」(49.1%)が最多。(P14)


親の住まいについて

●検討者(全国)における実家との距離では、自宅とは離れたところに実家がある計が71.0%。実家の住まいの種類は、持家計が88.9%。(P15)

● 親の住まいの予定は「親が当面住み続ける。将来は未定」(59.6%)が最多。(P16)

本件の詳細はこちらよりご覧ください。

151208_customhome_trend2015.pdf (697.7KB) pdf

取材・掲載依頼に関するお問い合わせ

お問い合わせ 新しいウィンドウで開く

お急ぎの方は下記までお問い合わせください

企画統括室 統括部 カンパニー・コミュニケーション グループ
Get Adobe Acrobat Reader

pdf書類をご覧になる場合は、Adobe Acrobat Reader 新しいウィンドウで開くが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。