ホーム>プレスリリース>『賃貸住宅におけるDIY意向調査』 「借主負担DIY型」賃貸借契約の利用意向を示している人は46.9%。実際のリフォームやカスタマイズの実施経験は4.2%

『賃貸住宅におけるDIY意向調査』 「借主負担DIY型」賃貸借契約の利用意向を示している人は46.9%。実際のリフォームやカスタマイズの実施経験は4.2%

2014年6月23日
株式会社リクルート住まいカンパニー

株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:野口 孝広)は、このたび「賃貸住宅居住者のDIY意向調査(2014年4月実施)」を行いました。この調査は、現在賃貸住宅に居住している方を対象に、DIYに関する意向や経験を把握することを目的として実施しております。このたび、結果を取りまとめましたので、概要をご報告致します。
――――――――――――
■調査トピックス 
――――――――――――

●現賃貸住宅居住者において、持家志向は53.1%。賃貸志向は35.6%

●賃貸から持ち家への住み替え理由としては「好みの間取りや広さの住宅を手に入れられるから」が最も多い。「設備を自由に決めたり、リフォームが自由にできるから」が第3位。

●(現状の賃貸では入居者が自由にリフォームすることは困難だが)現在居住している賃貸住宅で「リフォームやカスタマイズをしたことがある」と答えたのは4.2%。

●「したいと思ったがあきらめたことがある」が18.8%と潜在的ニーズがある。

●リフォーム・カスタマイズの意向があるのに実現していない要因は

1位「許容範囲がわからない」50.4%

2位「契約上許されないから」45.4%

● 国土交通省が3月20日に公表した借主負担DIY型」賃貸借契約については半数近くにあたる46.9が利用意向を示している。

●DIY型賃貸借契約を後押しするのに必要なサービスとしては、「オーナーが費用を一部負担してくれる」(58.9%)という『費用面のサポート』のほか、「必要な修繕箇所と必要な経費が明らかになっている」(58.1%)、「貸主と借主の双方合意を円滑に行う仕組み」(56.0%)などの『トラブル回避』にニーズが高い。

本件の詳細はこちらよりご覧ください。

140623_chintai-DIY.pdf (1138.8KB) pdf

取材・掲載依頼に関するお問い合わせ

お問い合わせ 新しいウィンドウで開く

お急ぎの方は下記までお問い合わせください

企画統括室 統括部 カンパニー・コミュニケーション グループ
Get Adobe Acrobat Reader

pdf書類をご覧になる場合は、Adobe Acrobat Reader 新しいウィンドウで開くが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。