ホーム>プレスリリース>『SUUMO』×『ウィメンズパーク』 25~49歳の既婚女性約2,000人に聞く「妻から見た住まい購入に関する意識調査 ご挨拶編」

『SUUMO』×『ウィメンズパーク』 25~49歳の既婚女性約2,000人に聞く「妻から見た住まい購入に関する意識調査 ご挨拶編」

2013年11月13日
株式会社リクルート住まいカンパニー

株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市、代表取締役社長:明田英治)が運営する女性向けコミュニティサイト『ウィメンズパーク』と株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:野口孝広)が運営する住まいの総合サイト『SUUMO』は、人生で一番大きな買い物といわれるマイホーム購入にまつわる子育て世代の疑問や悩みを明らかにするため、「妻から見た住まい購入に関する意識調査」を共同で実施しました。その中から、購入後に気になるご近所への挨拶や、新居お披露目パーティーについてまとめました。調査は、『ウィメンズパーク』会員のうち、2006年1月以降に住宅購入経験のある25~49歳の女性を対象に、2013年5月から6月にかけてインターネットで行ったものです。主な結果は以下の通りです。

 

――――――――――――

■調査トピックス 

――――――――――――

■挨拶時に持参する物ランキング、1位は「お菓子」、2位は「タオル」、3位は「洗剤」。平均金額は837円

・ 近隣への挨拶時に持参する物を聞いたところ、新居の挨拶に行った人のうち28.4%が「お菓子」と回答。次いで「タオル」、「洗剤」が多いという結果に。

・ 1件当たりにかける金額を見ると平均金額は837円、最高金額は5000円であった。最も多かった「お菓子」を選んだ人の平均金額は1046円。

 

■マイホーム購入時の近隣への挨拶はマンションでも一戸建てでも「隣合う住戸」が最も多く、7割以上

・ マンションを購入した人のうち、93.8%が「隣合う住戸」に挨拶をし、「下階」に68.5%、「上階」には60.6%が挨拶をしたと回答。上・下階では、「上階」よりも「下階」が多い結果になった。

・ 一戸建ての場合には、最も多かったのが「隣合う住戸」に挨拶をした人で77.4%だった。「向かいの住戸」への挨拶が45.6%と次いで多かった。

 

■マイホーム購入時の新居お披露目パーティーは、物件種別では「注文住宅」の場合に行うことが多い。招待客は、親族以外では「妻の学生時代の友人」が多い

・ マイホーム購入後の新居お披露目パーティーを行うかを物件種別ごとに見ると、「建築条件なしの土地を購入して注文建築」が43.9%、次いで「建築条件付の土地を購入して注文建築」が40.9%となった。

・ 新居お披露目パーティーに呼ぶ客は、親族以外では「妻の学生時代の友人」が多く、「子どもの友達やママ友」が続く。

 

 

 

【「妻から見た住まい購入に関する意識調査」概要】

■調査期間: 2013 年05 月30 日(木) ~ 2013 年06 月08 日(土)

■調査方法: インターネット調査

■対象: 日本在住の『ウィメンズパーク』会員のうち、2006 年1 月以降に住宅購入の経験のある既婚女性

■集計数: 期間内に回答のあったうち、25~49 歳の2,075 名

 

本件の詳細はこちらよりご覧ください。

20131113住まい購入に関する意識調査ご挨拶編.pdf (459.3KB) pdf

取材・掲載依頼に関するお問い合わせ

お問い合わせ 新しいウィンドウで開く

お急ぎの方は下記までお問い合わせください

企画統括室 統括部 カンパニー・コミュニケーション グループ
Get Adobe Acrobat Reader

pdf書類をご覧になる場合は、Adobe Acrobat Reader 新しいウィンドウで開くが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。