成長するかしないかは自分次第。
その代わり、
成長のための挑戦に
制限はない。

2014年新卒入社営業統括本部 リフォーム・領域横断営業推進部
リフォーム営業グループ 首都圏チーム

横井南妃2014年新卒入社

(※取材当時の所属組織です)

常に降りかかってくる
新しく大きなチャレンジ。
任せてもらった期待に応えたい。

リフォーム営業グループで、大手リフォーム会社様から中小の工務店様まで担当、クライアント様の集客課題や営業課題に向き合い、事業を成長させるためのご提案を行っています。昨年度はリフォーム新規事業開発チームにて、「スーモカウンターリフォーム」の立ち上げを行い、そこで培ったスキルを持って新しいチャレンジをしたいと思っていたところ、営業部へ異動となりました。営業では新人の私ですが、業界トップのクライアント様を担当させていただくことになり、10年間ご担当された前任の先輩から引き継ぐときは初めて感じる不安とプレッシャーがありました。しかし、任せていただけることに対する期待に応えたい、期待を越えたい、という気持ちを胸に、日々クライアント様のお役に立てるよう全力で走っています。

常に降りかかってくる新しく大きなチャレンジ。任せてもらった期待に応えたい。
リフォーム業界を良くしたい。誰もが“業界愛”を持っている組織。

リフォーム業界を良くしたい。
誰もが“業界愛”を持っている組織。

リフォームって、難しい領域なんです。既存の家に手を加えるリフォームは一つとして同じものがないため、カスタマーはどのリフォーム会社が自分に合うかわかりません。リフォーム会社は、一つひとつに合わせた提案力、技術力、そして時間が必要です。双方にとってハードルが高いんですね。 だからこそ私たちは、最適な出会いを創出したいのです。部署のメンバーと話していると、みな自分が担当しているクライアント様のことが大好きで、本当に儲かってほしいと思っていることを実感します。クライアント様が適切に儲かることができれば、カスタマーに良いリフォームを提供することができます。そんな良い循環を作りたいのです。そのために営業だけでなく、カウンター、商品企画、事業推進で良いことも悪いことも共有し合い、日々率直に意見をぶつけています。リフォーム業界をより良くしていきたい、そんな想いがこの事業部には溢れています。

クライアントの
パートナーになるために。
挑戦もチャンスも無限大。

私たちはただ広告枠を売るだけの営業ではありません。目指しているのは「リクルートの営業」はなく、「パートナーの横井さん」。担当しているクライアント様が3年後、5年後にどうなっていたいか。近い未来を一緒に想像しながら、どのように登っていくか一緒に考えさせていただきます。最低限のことだけをする営業で留まりたくはありませんから、ときにはクライアント様の営業の方に向けた勉強会、生産性を上げるためのご提案をすることもあります。クライアント様の事業成長をお手伝いするための動きに、社内から制限がかかることはありません。だから、成長するかしないかは自分次第ともいえます。クライアント様や業界のために力を尽くす上司や先輩に囲まれているので、こうした成長意欲がキープできているのだと思います。

今は担当しているクライアント様の事業成長のためにできることを全力でやりたい、そして一緒に喜び合いたいですね。そうする中で、スピード感を持って多くのスキルや経験を身に着け、後輩やメンバーに伝えていける人になりたいと思っています。

このページをシェアする