妥協も出し惜しみも
する暇はない。
想像以上の仕事を、
この手に預けてくれる。

2013年新卒入社営業統括本部 分譲マンション営業統括部
首都圏営業1部 1グループ

内田皓大2013年新卒入社

(※取材当時の所属組織です)

周囲を巻き込む行動力で
業界の当たり前を打ち破る。

営業として、大手分譲マンションデベロッパー様に向けて物件の販促支援、企業課題解決、業界活性化のための取り組みを行っています。ときには業界の慣習を変えるような施策を提案することもあります。分譲マンションの常識だった「価格非公開での販売開始」という慣習を変え、早期に価格開示を行うよう働きかけた取り組みでは大きな成果を出すことができました。不動産は世の中に大きなインパクトを与える巨大なマーケットです。そこに携わることができているので、影響範囲の大きな仕事をさせていただいていると感じています。

周囲を巻き込む行動力で業界の当たり前を打ち破る。
可能性を広げ、力を発揮し続ける。それが社会に貢献するために、自分にできること。

可能性を広げ、力を発揮し続ける。
それが社会に貢献するために、
自分にできること。

社会に貢献するために働く。このことを自分なりに捉え直してみると、持ちうる才能と可能性を妥協することなく引き出し、それを然るべき場所で出し惜しみせずに発揮することだと考えています。目の前の仕事に自分のモチベーションの有無は関係ありません。仕事があるのは当たり前ではなく、「させていただいている」という意識が強いからかもしれません。そういったスタンスで仕事をする上で、リクルート住まいカンパニーは常にスキルアップを必須とする仕事の機会を与えてくれる。自分が持つ能力を最大限に引き出す、発揮する場という意味で、最良の場であると考えています。

身の丈以上の仕事と、
誰もが「おせっかい」すぎる環境。

就職活動中は意思決定の機会が多い、かつ責任を与えてもらえるところがリクルート住まいカンパニーの魅力だと思っていました。そうした経験を早くからしたいと思っていたんです。実際、入社後は常に「自分には今到底できないだろうな」というレベルの仕事を預けていただいています。さらには、誰もが良い意味でおせっかいなんですね。先輩でも他の事業部の人でも、一を聞けば十返ってくるし行動に対しフィードバックをくれる。個人にコミットしてくれる度合いは想像以上で、そうした制度も整っています。だからこそ、成長のチャンスも多いのだろうと感じています。

いずれは、その時代で世の中に大きく貢献している企業の経営者になることが目標です。そのためにも、現状に満足せずに向上心を持って仕事に対峙していきたいです。当たり前のことが当たり前以上にできる、当たり前のレベルが高い人でありたい、そう考えています。

このページをシェアする