仕事がこんなにも、難しくて
面白いとは思わなかった。
成長できる制度と環境が、
ここには定着している。

2015年新卒入社企画統括室 人事部
人材開発グループ

髙橋俊樹2015年新卒入社

(※取材当時の所属組織です)

「なぜ?」という
問いかけを重ねながら、
自分自身も気づいていない
本音に気づいていただく。

人事部人材開発グループにて採用戦略を設計するのが主な業務です。他にも、なるべく多くの学生さんが自分自身の最適なキャリア選びを出来るように、キャリアについての面談をしたり、インターンシップの企画をしたりしています。面談をする際はいつも「自分に対しての誠実さ」を学生の皆さんに問うようにしています。会話のキャッチボールをしていく中で「なぜ?」を問いかけることで、自分自身のコアの部分に対して誠実に向き合えるようになって欲しいと思っています。これはリクルート住まいカンパニー流スタイルですね。自分も普段から、上司にそういったコミュニケーションをしてもらっています。

「なぜ?」という問いかけを重ねながら、自分自身も気づいていない本音に気づいていただく。
意思決定を多く経験して成長したい。その期待は裏切られた。もちろん、良い意味で。

意思決定を多く経験して成長したい。
その期待は裏切られた。
もちろん、良い意味で。

僕は就活をしていたとき、答えがない問題に対してどれだけロジカルに意思決定ができるか、それをどれだけ若いうちに経験できるかが成長のカギになると考えていました。そのためにリクルート住まいカンパニーを選んだのですが、ここまでその機会が多いとは想像もしませんでした。場数はもちろんですが、今の自分でギリギリできるかできないかという仕事を任せてくれます。その点で、裁量権委譲の見極めが非常に上手い会社だと感じています。そもそも、採用成功とはどのように定義するのか?人事は答えがない仕事ですから、何を基準に意思決定をするべきなのかという疑問は、常につきまとってきます。その中でもスピード感を持って、ロジカルに意思決定をしていく。そんな難しさが人事という仕事の醍醐味だと感じています。

個人の成長を支援する制度が導入され、
極めて高い精度で運用されている。

弊社はありがたいことに「人材輩出企業」と言っていただけることが多いのですが、長期にわたり人材を輩出し続けられていることは偶然ではないと考えています。その肝は、成長を支援する仕組みが属人性の高いものではなく、会社の制度として職場に深く根付いていることだと思います。制度は一般的に形骸化しがちですが、住まいカンパニーでは運用される精度が極めて高いことがポイントです。また、Will(仕事を通して実現したいこと)が一様でなく、将来実現したいことのための成長ステップとして、今のキャリアをとらえている人が多いことも、リクルート住まいカンパニーの「成長環境」を作り上げる一つの要因になっていると思います。

僕は課題解決が大好きで、世の中の課題をすべて解決したい、そのために経営者になってたくさんの人と広い範囲で仕事ができるようになろうと就活時、思っていました。でも、今は違います。リクルート住まいカンパニーに入って、課題解決の幅は、自分自身が成長することによって広がるものだと感じました。今、見えている壁はほんの一部。それを超えたときに次の壁が見える。どこの壁を登ろうか、自分で決められるようになることにワクワクしています。

このページをシェアする