この領域には可能性が
あると信じているから、
ナンバーワンを
取りに行きたい。

2014年新卒入社営業統括本部 事業推進部
リフォーム事業推進グループ

髙橋理沙2014年新卒入社

(※取材当時の所属組織です)

リフォームでナンバーワンを
取りに行きたい。
私の意思決定が、
世の中を変えていく。

リフォーム事業推進グループにて、リフォームグループ(リフォームを施工する工務店やハウスメーカーがクライアント)と領域横断グループ(住宅設備メーカー等がクライアント)の事業戦略を策定しています。今後成長していく領域として注目が高まっているリフォーム領域ですが、まだまだ業界には課題があります。その課題に対して、カスタマー、クライアント、マーケット観点からありたい姿を描き、住まいカンパニーとしてどう実現していくのかを考えるのが私の仕事です。自分の意思決定、考えの一つひとつが影響力を持ち、ひいては業界の発展や日本の発展につながっていくというのは、非常に責任の重い仕事だと思います。その分、強いやりがいを感じています。

リフォームでナンバーワンを取りに行きたい。私の意思決定が、世の中を変えていく。
何もできずに愕然とした日々。ブレイクスルーのきっかけは仕事だった。

何もできずに愕然とした日々。
ブレイクスルーのきっかけは
仕事だった。

入社して、半年間営業を経験した後に事業推進グループに異動しました。役員や部長陣と事業戦略策定と推進をしていく部署ですから、周りは経験豊富な自分に強い武器を持っている方ばかりでした。1年目なんて私くらい。何をとっても周囲と差がありすぎて、「自分には何ができるんだろう」と自問自答の日々が続きました。そんなとき任されたのが、営業で使う業務管理システムを3ヶ月間でゼロから構築し、営業に導入するという大きな仕事でした。自分しかやる人がいない。「できない」は通用しない。何とか営業の負荷を減らせるようなシステムをリリースするのだという一心で、上司、先輩、営業などの周囲の協力を仰ぎ、ひとつずつを着実にこなしてやり遂げた時の達成感は、今でもよく覚えています。

道なきところに、道を作る。
それこそが、未来をつくるのだから。

2年目からは領域横断グループの担当にもなりました。今まで専任の事業推進担当がいなかったため基盤が整っておらず、領域戦略がない中でも営業はクライアントのために必死で頑張っているという状況でした。今後グループとして売上を向上し、成長する基盤を作りたい。そのために、営業部と協力しながら課題を洗い出し、今後の戦略を描いて役員に提示しました。2年目の社員が任せてもらえる規模の仕事ではなかったと思いますが、上司と二人三脚で取り組み、最終的に役員に現状の課題を共有でき、今後の戦略について合意形成することができました。昔は目の前の仕事もろくにできなかったのに、一つの領域の未来を任せていただけた。このことに、自分の成長を感じました。

リフォームは、白地が大きく、課題が多い業界だからこそ可能性は無限大にあると私は信じています。だからこそ成長できる可能性を私が広げていきたい。辞めたいと思ったことは一度もありません。大変なことも苦しいことも「これが本当にカスタマーとクライアントにとって良いことだ」と信じ続けて、周りのメンバーとひとつずつ着実にクリアして前に進んでいきたいと考えています。

このページをシェアする