入社以来、ずっと
成長し続けている自分。
確かな手応えを、
毎日感じさせてくれる人と環境。

2015年新卒入社企画統括室 人事部
人材開発グループ

宮下みなと2015年新卒入社

(※取材当時の所属組織です)

弱みを克服するため
敢えて高いハードルを望む。

人事部で「体制」という採用活動の司令塔的な役割を担当しています。会社に必要な人数を採用するために、各施策の数値設計や、モニタリング、計画から外れそうな場合に対処する、ということをやらせていただいています。非常に責任の大きな仕事なので、当初は不安で仕方ありませんでした。ただ、これはいわば自分が選んだ道。仕事で苦手なことを減らしたい、自分ができることの幅を広げたいという希望を出したところ、マネジャーが敢えて「苦手なことにチャレンジしてもらおう」と、高いハードルを与えてくれたのでした。想像以上の抜擢に、正直なところずっと背伸びをしているような状態。大変だと思うことはありますが、一度も嫌だとは思ったことがありません。むしろ、背伸びをさせてくれることに感謝し、毎日仕事をさせていただいています。

弱みを克服するため敢えて高いハードルを望む。
誠実さが支える、互いを理解し合うという風土。

誠実さが支える、
互いを理解し合うという風土。

上司や先輩と仕事をしていて思うのは、皆がとても誠実だなということです。例えば何かを相談したとき、まずは解釈を加えず受け止める。そのうえで自分が培ってきた知識や経験を活かしてその人やモノのために何ができるかを一生懸命考えて動く。皆がこうした姿勢を持っているのがリクルート住まいカンパニーです。もちろんいろいろな人がいますが、一人ひとりが個性を発揮するために互いを知り合おうとするからこそ、ポジティブな要素が出合ってネガティブな要素を補い合える良いチームをつくることができるのだろうと思います。

「みなとはどうしたい?」
必ず、答えは見えてくる。

上司によく言われる言葉が「みなとはどうしたい?」です。自分が担当する案件においては、徹底的に自分が意思決定をすることを求められます。どうしたいかを問われて答えを出せないときというのは、意思決定するだけの情報を自分が手にしていないとき。改めてよく調べ直してみると、必ず答えが見えてきます。仮に意思決定の結果が失敗に終わった場合でも、事象そのものに対して非難されることはありません。その代わり徹底的に振り返りが行われ、なぜ失敗したのかの説明を求められます。逆に成功することができたら、それを他の施策にも還元できるように成功因子を突き止めます。こうした毎日の繰り返しは、必ず次の意思決定に役立つと考えています。

もっと成長して、どんな人からも期待される。一緒に何かしたいと思ってもらえる人間になりたいですね。一人で生み出すことができる価値には限界があります。それなら「この人と」と多様な方に思ってもらえること、私はそれを目指しています。

このページをシェアする