「若いうちに成長したい」
だけでは、勿体ない。
この会社での成長はずっと
右肩上がりだ。
10年先も、20年先も。

2008年新卒入社営業統括本部 事業推進部
分譲マンション事業推進グループ

近藤浩央2008年新卒入社

(※取材当時の所属組織です)

会社の成長戦略を
主体者として
企画・立案・実行する。

事業推進部分譲マンション事業推進グループのリーダーをしています。具体的には、未来を見据え、会社のあるべき姿、担当領域のあるべき姿を考えながら経営層と意見を交わし、事業計画や中長期戦略を立案するのが主な業務です。主体者として経営に関わる今の仕事は、就職活動のときに自分が望んでいた「成長環境」のイメージそのまま。日々、大きなやりがいを感じています。

会社の成長戦略を、主体者として企画・立案・実行する。
営業時代の経験をフルに活かした「現場を一番知っている事業推進」という働き方。

営業時代の経験を
フルに活かした
「現場を一番知っている事業推進」という働き方。

事業推進部だから単に経営企画ができればいい、戦略立案ができればいいとは考えていません。私は営業時代にクライアントの経営層の方とお話をさせていただく中で、現場で得られる事実に勝る情報というものはなく、経営企画・意思決定をする為の材料として最も重視されるべきものである、と学びました。その経験から、立案した企画・戦略が、きちんと現場の方に理解をしてもらった上で実行されているのかを確認し、適宜修正をしていくことに拘っています。ですから、自分の席にいることはほとんどありません。関係部署に行って、現場の方とフラットに会話をしながら状況を把握したり、最適な意思決定を仰いだりする為の材料集めをしたいと考えているからです。勿論、どちらかに偏りすぎることも良くないと思っています。寄りすぎず離れすぎず、生きた経営企画をしたい。元々現場にいた人間として、事業推進部の誰よりも一番現場を知っている人間になれるよう仕事をしています。

成長が鈍化しない仕組みがある。
期待をかけ、
引っ張り上げてくれる人がいる。

学生の皆さんの中には「若いうちから成長できる会社」に行きたいと考えている方は多いのではないでしょうか。この考え方自体はとても大事ですし、私自身そうでした。ただ今になって強く思うのは「年次を問わず成長し続けられる会社」なのかどうか、が重要だということです。リクルート住まいカンパニーには成長角度が決して鈍化しない仕組みがあり、人がいます。私はもうすぐ10年目ですが、ここで働いている以上10年目になっても20年目になっても、ずっと1年目と同じだけの成長を求め、求められ、フォローしてくれる体制、相互促進し合える人がいると感じています。

学生時代は、30歳くらいで独立してNPOを立ち上げたいと思っていました。これは、世の中にいる環境が恵まれていない人を少しでも減らすために人生の時間を使いたいと思っていたからです。この気持ちは今もある中で、既に30歳を超えています。それでも今尚リクルート住まいカンパニーで働いているのは、今の仕事を通じてもっと成長して、自分ができることを更に増やしてから世の中の為に貢献したい、と思うようになったからです。この会社で成長する中で、夢や想いが熟成してきたのかもしれませんね。

このページをシェアする