ホーム>企業情報>内部統制方針

内部統制方針

リクルートグループとしての方針、それに基づき株式会社リクルート住まいカンパニーにて推進する事項を明確にし、内部統制を推進します。

リクルートグループ(株式会社リクルートホールディングスおよびその連結子会社をいう)が構築する内部統制は、会社法で求められる「業務の有効性・効率性」「財務報告の信頼性」「事業活動に関わる法令等の遵守」「資産の保全」の4つの目的を達成することで、会社ではなく、社会の常識を守ることを目指しています。

私たちは社会に求められ続ける企業となるために、意思決定のメカニズムの透明性や柔軟性を高め、より経営の透明性を向上させて健全性の強化を図っていきます。

リクルートグループ規程と株式会社リクルート住まいカンパニー規程の体系図

リクルート全体のルールはリクルートグループ規程として、各社で内容や管理部署が異なるものは各社規程として遵守します。
また、この方針を受け、従業員全員への適用ルールの明確化、内部監査の実施、外部への対応を目的に以下の体制で規定を定め、運用しています。

リクルートグループ倫理綱領 リクルートグループ規程 各社規程(株式会社リクルートホールディングス、株式会社リクルート住まいカンパニー、グループ会社各社) 主な規程(組織規程、権限規程、業務分掌規程など)